よりコンパクトになって新登場!
 超音波可視化器

 超音波ビューア UDSS002
 超音波洗浄機により生じる"定在波"を可視化します!




-  商  品  説  明  -
超音波を水中に照射すると液面で全反射し、 入波反射波が重なり合い
定在波と呼ばれる音圧の強弱が生じる物理現象がおこります。
定在波は音圧の節(極小)と腹(極大)が交互に現れますので、ここに特殊な
パウダーを入れると、音圧の腹(極大)の位置にパウダーが集まり、定在波
目視する事が出来ます。


  
写真1.一般的なマジックペンとの大きさ比較
○コンパクトで簡単な可視化器
 ガラス容器に特殊な液とパウダーが入っており、これを洗浄槽の中に浸すことにより、
 超音波の定在波が簡単に見ることができます。
 目に見えない超音波の分布を見ることができますので、イメージしやすくなります。

 


写真2.使用中の写真
○使用方法
 超音波の照射されている洗浄槽に超音波ビューアの先を浸すだけ。
 これで写真のように特殊なパウダーが層を作り、定在波の分布がわかります。


図1.定在波が超音波ビューアに伝わる様子。
○原理
 洗浄槽の定在波が、ガラス容器に伝わって液面が延長された状態になります。
 つまり、超音波ビューアで可視化された定在波の分布は、その下の槽内と同じ
 状態だということがいえます。
 


写真3.三次元定在波での超音波ビューア
○特殊超音波環境での使用
 写真は三次元定在波(球面波)が照射された洗浄槽での超音波ビューアの様子です。
 このような場合にも音圧の高い位置と低い位置が動いている様子が、はっきりと
 わかります。


写真4.専用ケース
○主仕様
 1.容器 : ガラス製(酸性やアルカリ性など、洗浄液を選びません)
 2.内容物: 水、色素、特殊パウダー
 3.サイズ: Φ38mm×200mm
 4.重量 : 280g
 5.付属品: 専用ケース

-  カ タ ロ グ  -


カタログのダウンロード(pdf:319KB)

-  お問い合わせ  -  

詳しいご説明、見積依頼、デモ機などの御相談は、
下記の電話・FAX・メールにお寄せ下さい。
株式会社アクセス21

TEL:083-262-0391 担当:池田
FAX:083-350-6158 担当:池田
E-mail:info@access21-co.jp




超音波関連製品へ戻る

ホームへ

オタリ株式会社
※このHPは、メーカー(オタリ株式会社)の許可を得て作成されています。